MENU

HOME 戸建選びのポイント メリットいっぱい! 建築条件付き土地とは?

メリットいっぱい! 建築条件付き土地とは?

新築一戸建てを探しているときに、「建築条件付き」という言葉を目にしたことはありませんか? ここではこの「建築条件付き」の基本やメリット、特徴について解説していきましょう。

「建築条件付き」の「条件」とは?

不動産情報を調べていると、「建築条件付き!」「フリープランOK!」といったコピーをよく目にします。でも、この「建築条件付き土地」とはいったいどんなものなのか、また「条件」とはいったいどんな条件のなのか、よく分からないという人も多いはず。

そもそも「建築条件付き」とは、正しくを「建築条件付き土地」といい、あらかじめ施工業者が指定されている「宅地」のことをいいます。つまり、購入するのは建物そのものではなく、土地なのです。そして、条件とは何かというと、建てる会社、つまり建築を担当する会社が「条件」なのです。きわめてシンプルにいうと、この会社に建築を依頼してくれるのであれば、土地を販売しますよ、というのが、「建築条件付き土地」なのです。原則として、3カ月以内に建設会社と建築請負契約が成立することが契約の前提になっています。

間取りにこだわりがある人にぴったり!

この建築条件付き土地の魅力は、なんといっても自分たちの好みの間取りを実現でき、家族にあった住まいを実現できること。もちろん、土地の形状や容積、建築を請け負う会社の得意・不得意もありますが、自分たちが希望している間取りや設備などを取り入れることができます。洋服でたとえるなら、建売住宅は「既製品」、建築条件付き土地は「セミオーダーメイド」といえます。

一方で、注意点もあります。1つは、土地を契約してから3カ月の間に建物請負契約を結ばなくてはならないこと。この契約が終わらないと土地の売買契約の効力が発生しないので、土地の引き渡しを請求することはできません。また、建築を請け負った会社が自分たち好みの間取りやテイストであるとは限りません。契約前に自分たちの好みと合うかどうか、またどんな建物を手がけてきたのかを確認するとよいでしょう。

HOME 戸建選びのポイント メリットいっぱい! 建築条件付き土地とは?

PAGE TOP