相生山のふもとに広がる閑静な住宅地、名古屋市天白区久方三丁目

名古屋市営地下鉄桜通線「相生山」駅の北側に広がる名古屋市天白区久方三丁目。このエリアは標高40メートル前後の鳴子丘陵に位置し、地震時の揺れやすさを示す表層地盤増幅率は久方三丁目では1.06~1.14と低く、地盤が安定していることから、比較的自然災害に強い地域といえる。

徳林寺

エリアの北側には標高約50メートルの相生山がある。「相生山」という地名の由来については、この地域に松林が多いところから、古今集などに見られる「住の江の 松は相生の…」の歌からとったものと考えられている。「相生」とは2本以上の木が同じ根から生え出ていることを表したもので、特に松に多く見られる。そこ から転じて夫婦が仲睦まじいこと、また「相老」とも掛けて夫婦が共に長生きするという意味を持つ。

「相生山」の南麓では、大正から昭和初期にかけて、観光開発や別荘地の開発が行われた。「徳林寺」 も1923(大正12)年に観光促進のため千葉県から移された寺で、桜並木や別荘地用の道路も併せて整備されている。1927(昭和2)年に発表された 新愛知新聞社(現・中日新聞社)による「愛知新十名所」では、「相生山」は5位となる票を獲得。徳林寺の当時の住職である高田撤宗は、自身がこの地を観光地と して開発していたことから、投票葉書二千万枚を引き取り、境内に「葉書塔記念碑」を建立した。

風の子幼児園

1940(昭和15)年には相生山一帯が防空緑地に指定されるなど戦争の影響もあり、こうした観光開発は途絶えてしまう。現在、「徳林寺」は「国際禅院」を設置して国際交流にも取り組むほか、幼児教育の「風の子幼児園」や「相生山の自然を守る会」などの活動の場にもなっている。一方、昭和30年代以降、「相生山」駅周辺の丘陵地では宅地開発が進められるようになった。これらの住宅地は大部分が第一種または第二種低層住居専用地域に指定され、閑静な住宅地が形成されている。

相生山駅

2011(平成23)年の名古屋市営地下鉄桜通線延伸開通により、エリア内に「相生山」駅が開業したため、交通利便性は名古屋市内でも有数の恵まれた環境になった。「相生山」駅から桜通線に乗れば、「久屋大通」駅や「丸の内」駅など名古屋市中心部をはじめ、東海道新幹線やJR各線、名鉄線、近鉄線に接続する「名古屋」駅にもダイレクトでアクセスできる。桜通線はほかの地下鉄線との乗り換え駅が多いのも便利だ。

鳴海IC

東海通や国道302号などの幹線道路が近くに通るこのエリアは、車での利便性も高い。2011(平成23)年には名古屋第二環状自動車道の「鳴海」ICができ、高速道路や有料道路にも短時間でアクセスできるようになった。名古屋第二環状自動車道を南に走れば、「名古屋南」JCTで伊勢湾岸自動車道と接続。伊勢湾岸道は新東名高速道路や新名神高速道路と合わせ、日本の東西を結ぶ高速道路であるので、ドライブがより快適なものになるだろう。

平和堂 グリーンプラザ店

生活環境という点でも魅力が多い。2013(平成25)年には、ホームセンター「ジャンボエンチョー 鳴海店」の1階にスーパーマーケットの「平和堂 グリーンプラザ店」が開店。専門店もでき、暮らし全般を支えてくれるショッピング施設に進化した。2014(平成26)年6月には「マックスバリュ 鳴子店」もオープンし、さらに買い物が便利になっている。

グロッケンブルーメ

また、「相生山」駅周辺には外食チェーン店やコンビニエンスストア、クリニックも充実。住宅地内にもセンスのよいカフェや雑貨店、インテリアショップ、フラワーショップなどもあり、暮らしに潤いを与えてくれる。

ヒルズウォーク徳重ガーデンズ

桜通線に乗れば、「徳重」駅直結で「緑区役所徳重支所」や「徳重図書館」などの公共施設に隣接しているショッピング施設「ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」も日常圏内として利用できるほか、「久屋大通」駅や「名古屋」駅周辺のショッピング施設での買い物も気軽に楽しめるだろう。自動車で買い物するなら「ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」のほか「アピタ 鳴海店」などの大型ショッピングセンターが使いやすい。

戸笠公園

相生山」駅周辺は、緑に親しめる場所が多いのも魅力になる。「戸笠池」や「螺貝池」など江戸時代に造られた灌漑用のため池の周囲は、現在、公園として整備され、地域住民の憩いの場になっている。水面で遊ぶ野鳥などを観察するのも楽しいひとときだ。

相生山緑地オアシスの森

エリア北西の相生山一帯は、第1種風致地区や都市計画緑地に指定され、開発が規制されていたことから、今も豊かな緑が残り、毎年春にはヒメボタルを見ることもできるほどだ。1998(平成10)年には「相生山緑地オアシスの森」もでき、ボランティア団体などにより、こうした自然環境を保全する活動が行われている。

地下鉄の駅前という便利な場所にありながら、「戸笠池」など豊かな自然に囲まれた名古屋市天白区久方三丁目は、名古屋市内でも希少な好環境の住宅地として注目を集めている。

PR:相生山の新築分譲マンションをご紹介
ザ・パークハウス 相生山

PR

『ザ・パークハウス 相生山』
地下鉄桜通線NO.1スケールを誇る、全274邸のガーデンシティプロジェクト!

桜通線「相生山」駅徒歩1分の新築マンション
「相生山」駅まで徒歩1分、「名古屋」駅まで直通の快適アクセス。
大規模マンションならではの充実した共用施設が揃っています。


TOP