茶屋ヶ坂池と自然林、児童園のある広大な公園

茶屋ヶ坂公園

「散策の小径」にある展望台
「散策の小径」にある展望台

「茶屋ヶ坂公園」は、名古屋市営地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅を出て県道215号線を渡って南へ5分程の場所にある。「茶屋ヶ坂池」を中心に、9.68ヘクタールの敷地に広がる自然いっぱいの公園だ。整備された園内は、運動や遊びがしやすいエリアと丘陵地の地形を生かして自然散策が気持ちよいエリアとが程よく混ざり合っている。

茶屋ヶ坂公園
茶屋ヶ坂公園

公園は道路を挟んで北側と南側に分かれている。北側に広がるのは、野球場と児童園と休養広場と児童球技場とミニスポーツ広場。児童園には小さい子向けの遊具がそろっていて、ブランコやスプリング遊具、滑り台の付いた小さな複合遊具などがある。隣に野球場もあるが、フェンスでしっかりと囲まれているので安心だ。

茶屋ヶ坂公園
茶屋ヶ坂公園

北側と南側は「あじさい橋」で結ばれている。橋を渡ると「茶屋ヶ坂池」があり、渡り鳥などを見かけることもある。池からは小川も流れていて、浅く川底が見えるので、夏には緑の中を水が流れる様子を見ているだけでも心地よい。北側にも児童園がああり、ブランコやジャングルジム、スプリング遊具など、北側と同様の小さな子が遊べる遊具が緑の樹々の中に備え付けられている。回転滑り台の付いた少し大きめの複合遊具やクライミングのできる遊具もあるので、少し大きめの子でも楽しむことができるだろう。

茶屋ヶ坂公園
茶屋ヶ坂公園

池から児童園に向かう道には、名古屋随一のアジサイ園が広がっている。4000株以上のアジサイが植えられており、6月中旬から7月中旬に見頃を迎える。「散策の小径」は、自然を保ちながら歩きやすいように整備されていて、まるで山道のよう。登山コースにあるかのような標識も設置されていて、まるでトレッキングに訪れたかのようだ。「自由が丘」駅からも坂を降りていくと、公園の南側はすぐ。小さい子どもと遊びに行くのももちろんのこと、四季折々の風情をのんびりと楽しみたい。

茶屋ヶ坂公園
所在地:愛知県名古屋市千種区鍋屋上野町汁谷

詳細地図