子育て環境レポート

茶屋ヶ坂周辺の子育て環境をレポートします!

茶屋ヶ坂周辺にはたくさんの幼保施設、公園などが点在しています。また、名古屋市や地域の子育て支援サービスも充実しているので、ハード面・ソフト面、両方の子育て環境が整っている地域といえます。では、具体的にどんな施設があり、どのようなサービスを受けることができるのか、実際に現地に行って調べてきました!

茶屋ヶ坂の子育て環境を調査!
茶屋ヶ坂の子育て環境を調査!

まずは、物件周辺の私立保育園や幼稚園をご紹介します。住宅街の中にある「千種わかすぎ保育園」はアットホームな雰囲気が魅力の保育園です。また、「富士見の森こども園」は幼保連携型認定こども園。園舎は木を基調とした落ち着いた部屋で、絵本やおもちゃ、わらべうたなどを通し、保育士が寄り添いながら子どもと接してくれます。

千種わかすぎ保育園
千種わかすぎ保育園

「名古屋市立富士見台
小学校」にも近い 

富士見の森こども園
富士見の森こども園


続いて、通学区の「名古屋市立富士見台小学校」を見てみましょう。物件から「富士見台小学校」までは徒歩で約12分ほど。県道215号は歩道橋を使って渡ることができるほか、通学路は歩道と車道が分けられているので、安心して通学できます。2007(平成20)年に新校舎が完成し、きれいで設備が整った学校施設となっています。学区内は住宅街になっていて、自然が残る大きな公園もあるため、落ち着いた雰囲気が特徴です。

ガードレールが設置されている箇所も多い 

歩道と車道が分離されている通学路
歩道と車道が分離されている通学路

名古屋市立富士見台小学校
名古屋市立富士見台小学校


さらに、「名古屋市立富士見台小学校」は体育授業の充実や運動遊びを奨励しており、運動をして体を鍛えることを推進している活発な学校です。家庭や地域との連携もとられていて、地域ボランティアによる学習支援や学校運営サポーターによる支援などが子どもたちの充実した学びにつながっています。全校児童が学校や近隣の公園を保護者と一緒に清掃活動をする環境学習が行われ、子どもたちにとっては地域のことを知るきっかけにもなっています。また、名古屋市の事業となる「トワイライトルーム(放課後子供教室)」を実施。留守家庭等の子どもが対象の取り組みで、子どもたちは宿題や自由遊び、ものづくりなどさまざまな体験をすることができます。


また、周辺には子どもと一緒に遊べる児童公園が点在。北隣にある「不動公園」は見通しの良い公園で、すべり台やブランコなどの遊具が置かれているほか、適度な広さの広場もあり、小学生になってからも楽しく遊ぶことができるでしょう。「茶屋ヶ坂公園」は緑が多く、四季折々の景色が楽しめる大型公園です。梅雨の時期はあじさいが美しく見ごろを迎えます。森林の中を歩ける散策道があり、街中にいることを忘れてしまいそう。北と南の2カ所に児童園があるので、小さな子どもも楽しく利用できそうです。

最も近い公園

不動公園
不動公園

四季の情景が美しい「茶屋ヶ坂公園」
四季の情景が美しい「茶屋ヶ坂公園」


名古屋市は未就学児の親子を対象とした子育て支援が充実しており、親子が一緒に遊びに出かけられる場所がたくさんあります。例えば、保育園主催の子育て支援として「汁谷保育園」の園庭開放があります。未就園児にとっては、保育園の様子を知ることにもつながります。幼稚園主催の子育て支援には、「自由ヶ丘幼稚園」の地域子ども図書館「えほんの森」があります。3万点の所蔵の中からピックアップされた3千冊以上があり、年齢・地域の制限なく絵本を借りることができます。そのほか、0歳から3歳までの親子の子育てを支援する名古屋市の事業「つどいの広場」の活動として、「自然育児 おてての庭」が体に優しいおやつ作りや布おむつ・おむつなし育児などを行っています。

名古屋市立汁谷保育園
名古屋市立汁谷保育園

楽しい遊具がいっぱい! 

園庭開放される「汁谷保育園」
園庭開放される「汁谷保育園」


また、周辺には子育てサークルも。協育NPO「母里ん子(もりんこ)」では、親子一緒に手遊びや群れ遊びなどを楽しむことができます。千種区での活動は「自由ヶ丘会館」などで行われています。ほかにも、0歳から3歳までの親子の子育てを支援する名古屋市の事業「つどいの広場」の活動として、「自然育児 おてての庭」がからだにやさしいおやつ作りや布おむつ・おむつなし育児などを行っています。

のびのびと過ごせる環境(提供:協育NPO「母里ん子」)
のびのびと過ごせる環境(提供:協育NPO「母里ん子」)

親子で参加できるイベント(提供:協育NPO「母里ん子」)
親子で参加できるイベント(提供:協育NPO「母里ん子」)


このほかにも、物件から1km圏内には名古屋市立の保育園・幼稚園が点在。「名古屋市立砂田橋保育園」は「砂田橋」駅に近い場所にある保育園。隣接する場所には団地があり、にぎわいと人の目があるので安心です。また、地域の子育て支援センターにもなっているため、おあそび会や園庭開放時には未就園児も利用することができます。さらに、物件の西側には、「名古屋市立大幸幼稚園」も。園庭の一部が芝生化され、ビオトープもあるので、のびのびとした園生活を送ることができそうです。物件周辺には、様々なタイプの保育施設があるため、各家庭のライフスタイルに合った園を選択することができそうですね♪

駅に近くて便利な「名古屋市立砂田橋保育園」
駅に近くて便利な「名古屋市立砂田橋保育園」

園庭が南と北にあって広々! 

あそびやまなびがいっぱいの「名古屋市立大幸幼稚園」
あそびやまなびがいっぱいの「名古屋市立大幸幼稚園」


最後に名古屋市の子育て事業をもう少し。「なごや未来っ子応援制度」は企業、地域、行政との連携によって、社会全体で子どもと子育て家庭を応援する事業です。その一つに、子育て家庭優待カード「ぴよか」があり、18歳未満の子どものいる家庭(妊婦も含む)が協賛店でカードを掲示すると、割引などの特典を受けることができます。携帯電話等の画面表示での掲示利用も可能なため、便利に使うことができます。
なごや子育支援情報アプリ「NAGOMii(なごみー)」は、名古屋市からのお知らせが届いたり、「ぴよか」協賛店や保育所、幼稚園の施設マップなど、出産や子育てに役立つ情報を知ることができるアプリです。さらに「子ども医療費助成制度」は中学校までの子どもが病院などで受診したとき、医療費の自己負担額を助成する制度です。所得制限はなく、安心して病院にかかることができます。

携帯電話の掲示もOK

子育て家庭優待カード「ぴよか」
子育て家庭優待カード「ぴよか」

中学卒業まで使える

子育て情報アプリ「NAGOMii(なごみー)」
子育て情報アプリ「NAGOMii(なごみー)」


発見ポイント!

様々な遊具がある「弁天公園」も身近!
様々な遊具がある「弁天公園」も身近!

  • (1)さまざまなスタイルの子育て施設があり、子育ての選択肢が豊富!
  • (2)妊娠時から中学卒業まで切れ目のない子育て支援を受けられる
  • (3)緑があふれた豊かな生活を送ることができる