エリア概要コラム

生活環境が整う、歴史文化が息づく東岡崎エリア

東岡崎エリアの特徴はなんと言っても、「岡崎城」をはじめとする歴史と文化が色濃く残るところ。岡崎市が誇る歴史文化を生かした公園や緑あふれる公園が点在し、自然環境が良いエリアとも言える。旧街道の東海道が通っていたこともあり、交通アクセスが良く、仕事やレジャーの移動に便利。ショッピングモールや大型商業施設が近くにあるため暮らしやすいエリアだ。

歴史と文化を大切にしてきた岡崎市発祥の地

岡崎公園
岡崎公園

東岡崎エリアは2016(平成28)年に市制100周年を迎えた岡崎市の西側に位置する。岡崎市は徳川家康生誕の地である「岡崎城」をはじめ、「岡崎城」から八丁の場所でつくられたことに由来する「八丁味噌」も知られており、歴史と伝統が息づいている。東海道五十三次の宿場町として賑わっていた過去もあり、町並みは今もその面影を残している。現在はジャズの貴重なレコードコレクションやイベント、ボランティア活動が盛んに行われており、「ジャズの街 岡崎」としても知られている。「岡崎公園」の桜や近くを流れる「乙川」といった自然にもあふれている。エリアから車で30分ほどの岡崎市の東部は緑豊かな自然が広がっている。

各所へのアクセスが可能な岡崎市の玄関口

名鉄線「東岡崎」駅
名鉄線「東岡崎」駅

エリア内にある名鉄名古屋本線「東岡崎」駅は快速特急、特急など全ての種別の電車が停車する主要駅。快速特急を利用すれば「名鉄名古屋」駅までわずか4駅、最速29分でアクセスが可能。「名鉄名古屋」駅から「中部国際空港」駅へは一度の乗り換えで飛行機の利用も便利。

JR「岡崎」駅
JR「岡崎」駅

また、バスや自転車などでアクセスしやすいJR・愛知環状鉄道「岡崎」駅からは「新豊田」駅、「三河安城」駅、「名古屋」駅など愛知県内の主要駅へアクセスが可能。JR東海道本線の特別快速、新快速、快速、全ての列車種別が1時間7本も停車し、便利に利用できる。自動車利用の場合、国道248号で南北、国道1で東西のアクセスがしやすい幹線道路が通っている。東名高速道路「岡崎IC」も近く、全国各地へのアクセスが気軽にできる。

教育環境に恵まれた、歴史ある文教エリア

岡崎市立竜海中学校
岡崎市立竜海中学校

東岡崎周辺の竜美丘エリアは歴史と伝統のある学校が多い文教エリア。「岡崎市立三島小学校」は開校140年以上の歴史がある花と緑に囲まれた小学校。「岡崎市立竜海中学校」は文武両道を掲げ、部活動での活躍が目覚ましい。水泳部や駅伝部などは東海大会や全国大会に出場。近年は吹奏楽部が全国大会で「文部科学大臣賞」を受賞している。このエリアでは「愛知教育大学附属岡崎中学校」への受験も盛んで、生徒は愛知県内でも有名な進学校として知られる「愛知県立岡崎高等学校」への進学率も高い。

愛知県立岡崎高等学校
愛知県立岡崎高等学校

「愛知県立岡崎高等学校」は竜美丘の丘の上に立ち、JR「岡崎」駅のそばに1896(明治27年)に開校した「愛知県第二尋常中学校」を前身としている。2016(平成28)年には開校120周年を迎えた。同校の「コーラス部」は国内トップレベルの実績と世界的に高い知名度を誇っており、海外のコンクールに出場するほど。このエリアは小中高に至るまで文武両道の中で教育面でも恵まれた環境にあると言える。

幅広い店舗が揃い、ショッピングに便利

イオンモール岡崎
イオンモール岡崎

東岡崎エリアは戦後から商店街や飲食店などの賑わいがある場所。全国的にも最大級の規模を誇り、百貨店も入る「イオンモール岡崎」がエリアのすぐ南に位置し、日常の買い物から高級ブランド品まで幅広い商品を揃えることができる。さらに、モール内にはレストラン、フードコート、クリニック、イオンシネマ、スポーツクラブなどの施設もあり、様々な生活シーンで活用できるのも魅力だ。車で少し足を延ばせば、羽根町にある映画館やクリニック等の専門店が併設されているショッピングセンター「ウイングタウン」、ニトリやエディオン、飲食店などが並ぶ「コムタウン」にも気軽に行くことができる。

また、上質な商品を置くインテリアショップや文房具専門店などのお店も点在し、納得のいく買い物ができるだろう。

子どもたちも楽しめる見どころいっぱいの公園

竜美丘公園
竜美丘公園

東岡崎エリアにある「岡崎公園」は「岡崎城」を中心にした、歴史文化を感じられる公園。白亜の天守閣、城塁、内堀や家康公ゆかりの史跡等も多く、見どころいっぱい。「三河武士のやかた家康館」では、家康公と三河武士の生きざまをしることができる。春には桜の名所となり、初夏には藤の花が咲き誇るなど、自然も楽しめる。「竜美ヶ丘公園」は大西配水場周辺の自然を後々まで残すことを目的に整備された公園で、野鳥や頂上からの景色を眺めながら自然を学ぶことができるようになっている。

四季折々の顔を見せる「乙川」
四季折々の顔を見せる「乙川」

「吹矢橋公園」や「奈良井公園」などの児童公園も充実している。「吹矢橋公園」は岡崎を東西に流れる乙川に面しているので、川を眺めながらのんびりするのも良いだろう。「奈良井公園」は子どもが楽しめる大型の遊具や水場もあり、公園の面積も広いため、夕方には子どもたちが仲良く遊んでいる姿をよく見ることができる。
東岡崎エリアは子育て・教育環境が整い、子どもも大人もが安心して暮らせるのどかで落ち着きのある街である。この街でなら、ゆとりのある充実した暮らしができそうだ。