隠れ家的フレンチでいただく、素材の味を生かした極上の一皿

Lois de la nature( ロワ・ドゥ・ラ・ナチュール)

民家を改装した店内。優しい光が差し込む落ち着いた雰囲気が特徴
民家を改装した店内。優しい光が差し込む落ち着いた雰囲気が特徴

「イオンモール岡崎」の北側路地に佇むフレンチレストラン「Lois de la nature(ロワ・ドゥ・ラ・ナチュール)」。当時最先端の料理人であった本郷氏(後にフランス料理研究会を立ち上げた発起人でもある)に師事し、三河湾リゾートリンクスの総料理長も勤めていた、田野岡眞之氏が自身の店をオープンさせたのは2008(平成20)年。「三河地区の中心都市である岡崎で本格的なフレンチを気軽に楽しんでもらえる場所を作りたい」と物件を訪ね、たどり着いたのが岡崎市の住宅街に立つ一軒家だったのだという。民家を改装したという店はまさに隠れ家的。車が行き交う大通りの喧騒から少し離れ、ゆったりとした時間を楽しむことができる空間となっている。

オードブルからデザートまで付いた本格フレンチのランチコース2,700円。
オードブルからデザートまで付いた本格フレンチのランチコース2,700円。

田野岡氏の「本格フレンチのコースをできるだけリーズナブルに楽しんでもらいたい」という思いから生まれたランチコースは、7品目が乗る先付の盛り合わせ、季節のオードブル、季節のスープ、メイン(肉や魚など4種類から選択)、季節のデザートと、内容、味ともに充実のラインナップだ。食材に向かう堅実な姿勢と華やかな一皿一皿に魅せられ、舌の肥えたゲストが多く訪れ食事を楽しんでいる。

コースのメインは、牛、鴨、羊、ホホ肉のシチュー、季節の魚から選ぶことができる
コースのメインは、牛、鴨、羊、ホホ肉のシチュー、季節の魚から選ぶことができる

「素材そのものの味を生かす」というムッシュのこだわりのもと、店では「π(パイ)ウォーター」という分子が小さく、浸透しやすい水を使用。魚や肉、野菜など素材そのものの味をより引き出してくれるため、味付けもシンプルにすることが可能なのだという。店の人気メニュー、「牛ホホ肉のシチュー」も、この水を使うことにより、スパイスは塩とコショウのみ。だが、奥深い旨味を楽しむことができる極上の逸品に仕上がっている。店名の「ロワ・ドゥ・ラ・ナチュール」とは「自然の法則」という意味。田野岡氏の想いはしっかりと料理にも表れている。

かつてはホテルの総料理長なども務めていた田野岡氏の作り出す一皿は繊細かつ華やか。
かつてはホテルの総料理長なども務めていた田野岡氏の作り出す一皿は繊細かつ華やか。

店を共に切り盛りする奥様の祥恵さんは、ソムリエールであり、ワインエキスパートの資格も持つ。「料理とワインのマリアージュを体験すると、さらに食事が楽しくなります」と話し、これからワインについて深く知りたい人向けにワイン会なども企画している。コース料理の他、1品1,080円でワインに合うオードブルメニュー、オードブル2品+ワイン2杯で気軽にワインを楽しむことができるワインセット(3,240円)なども揃う。ソムリエールと話しながら極上のフレンチを肴に優雅な時間を楽しむのも乙だ。

ワインエキスパートのいるフレンチレストラン。近隣のワイン好きも集まる店だ。
ワインエキスパートのいるフレンチレストラン。近隣のワイン好きも集まる店だ。

Lois de la nature( ロワ・ドゥ・ラ・ナチュール)
所在地:愛知県岡崎市戸崎町字上り場東13-3 
電話番号:050-3468-9813
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:30
定休日:不定休日あり

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ