子育てしやすく名古屋方面へのアクセスも良い街、一宮に暮らす

豊かな自然や整備された公園が点在しながらも、アクセスの良さから、名古屋市のベッドタウンとして人気の街、一宮市。ターミナル駅となる「尾張一宮」駅と「名鉄一宮」駅周辺は、賑やかな雰囲気がありながらも、ファミリー世代が利用しやすい子育て施設も充実している。周辺にはスポーツ施設や自然をいかした広大なレジャー施設も多く、暮らしやすい住環境が整っている。

公共交通機関、自動車アクセス、両方が便利に利用可能

名鉄百貨店 一宮店
名鉄百貨店 一宮店

一宮市栄四丁目エリアはJRの「尾張一宮」駅と名鉄の「名鉄一宮」駅の東に位置する、一宮市の中心市街地。「尾張一宮」駅と「名鉄一宮」駅は隣り合うターミナル駅になっており、名古屋と岐阜の中間に位置している。大規模開発が進む「名古屋」駅まではJR東海道本線で直通11分、「岐阜」駅へも直通8分と短時間でアクセスすることができる。

都市機能を集約するコンパクトシティ構想に基づき、「尾張一宮」駅の駅前に建つ「尾張一宮駅前ビル」、通称「i-ビル」や、「名鉄一宮」駅から直結の「名鉄百貨店 一宮店」をはじめ、多様な生活施設が揃っているため利便性が高い。「i-ビル」は子育て関連の施設や多目的ホール、イベント広場などの交流・文化発信のための施設が導入されている。

自動車利用の場合でも、一宮市栄四丁目が位置する中心市街地からは各方面への主要道路が伸びているため、各地へのアクセスが便利。東側には国道22号(名岐バイパス)が南北に走り、愛知県東部と南部へアクセスができる国道155号など幹線道路もある。また、「一宮西」ICや「尾西」IC、「一宮」IC等が近く、エリア南部を走る大動脈「名神(東名)高速道路」や名古屋市内を走る「名古屋高速」へ接続ができる。

木曽川が流れる自然環境と歴史ある街

真清田神社
真清田神社

濃尾平野の中央に位置する一宮市は、北部から西部へ約18キロメートルにわたって木曽川が流れている。川沿いには「木曽川緑地公園」が整備され、誰もが訪れることができる憩いの場所となっている。川とともに育まれてきた豊かな自然や、歴史・文化が根付く地域として発展してきた。一宮市の中央に位置する「真清田神社」は尾張の国の「一の宮」であり、その門前町にあたる周辺地域が「いちのみや」と呼ばれるようになったことが、市名の由来となっている。古くから伝統ある繊維の街として繁栄し、江戸時代の享保年間からすでに賑わっていたといわれている。昭和時代には繊維業を営む関係者が出入りしたことから喫茶店が増え、「モーニング」発祥の地としても知られている。今でもカフェや喫茶店が多いことも特徴だ。

さまざまなタイプの保育施設や公立学校、子育て施設が充実するエリア

一宮市立大志小学校
一宮市立大志小学校

エリアの通学区「一宮市立大志小学校」は1903(明治36)年開校の歴史ある小学校。エリア近くの「愛知県立一宮高等学校」には多くの生徒が国立大学へ進学する普通科と、繊維のまちにちなんだファッション創造科がある。

また、エリア周辺には公立・私立の保育所や幼稚園も充実している。就学時前の施設としては、「一宮市立野口保育園」などの公立保育園をはじめ、「はな保育室いちのみや駅前」、「駅西にわ保育園」などの私立施設も充実。「ヤマハ音楽教室 大森楽器ミュージックセンター」や「七田チャイルドアカデミー 一宮教室」といった幼児教育施設もさまざま揃っている。

尾張一宮駅前ビル
尾張一宮駅前ビル

一宮市では子育て支援に力が注がれており、さまざまな事業や支援を受けることができる。2012(平成24)年11月には「尾張一宮駅前ビル(i-ビル)」が誕生し、子育て相談や交流、一時預かりなどに対応する「中央子育て支援センター」ができた。子育て支援センターの活動のひとつ、「うごく子育てサロン こっこ」は、公民館など、毎月市内16施設で開設されている。子ども医療費の助成の対象は未就学児から義務教育終了(中学生)までとなっており、入院・通院ともに自己負担額が全額助成される。

木曽川沿いの環境を活かし、レジャーが楽しめる施設が充実

138タワーパーク
138タワーパーク

親子で遊べるスポットも充実している。プラネタリウムやフィールドアスレチックが楽しめる「一宮地域文化広場」、木曽川沿いには大型遊具やフワフワドームなど子どもに人気の遊具がある「138タワーパーク」や「大野極楽寺公園」もある。「138タワーパーク」はシンボルとなっている展望タワー「ツインアーチ138」やバラ園、コスモスなどが咲く花の小径など見どころも多い。

大野極楽寺公園
大野極楽寺公園

「大野極楽寺公園」ではレンタサイクルでサイクリングロードを走ったり、広大な広場でバーバキューを楽しんだり、自然の中でレクリエーションが楽しめる。スポーツ関連の施設も充実しており、民間のスポーツクラブなどのほか、「一宮市スケート場」や「一宮スポーツ文化センター」、夏季には「真清公園プール」など、一宮市内にある各所のプール設備が無料開放されるなど、体を動かせるスポットも多い。

一宮市立中央図書館
一宮市立中央図書館

絵本を読んだり、子どもと一緒に本に親しみたい時はを楽しむなら「i-ビル」内にある「中央図書館」や「子ども文化広場図書館」がおすすめ。どちらも子ども・児童のコーナーが充実しており、「中央図書館」には靴を脱いで利用できるコーナーがあり、「子ども文化広場図書館」には「絵本・紙芝居コーナー」「おはなし広場」「学習室」「資料室」などがあり、子どもたちがたくさんの本に触れながら、楽しみ・学べる施設となっている。