浄心周辺のおすすめスポットを紹介します!

浄心周辺は緑豊かな公園がたくさん。少し足を延ばせば大型公園もたくさん存在します。また、美術館や科学館といった、文化・芸術鑑賞や学びの場がたくさんあるのも特徴。大型ショッピングモールなどもたくさんあり、いろいろなタイプのレジャースポットがたくさんあります。天候や気分によってお出かけする場所を選ぶことができるので、楽しい休日が過ごせそうです。どんなレジャースポットがあるのか、調べてきました。

最初は近くの大型公園を見ていきましょう。名古屋城を中心に広がる「名城公園」は観光スポットにもなっています。特にお城の北に位置する北園は花壇と広々とした芝生広場があり、多くの人がピクニックに訪れる憩いの場所になっています。園内の「名城公園フラワープラザ」では展示会やイベントが開催されるなど、四季を感じることができます。また、「愛知県体育館」でスポーツするのも良いでしょう。浄心から北へ庄内川を越えると「庄内緑地公園」があります。約3.5haある市内有数の芝生広場ではたくさんの人がくつろぎ、バラ園、花木園、陸上競技城、テニスコートなどがある公園です。園内にはサイクリングロードがあり、自転車を借りることができます。

「名城公園」
「名城公園」

遊具や小川も流れている!

「庄内緑地公園」
「庄内緑地公園」


公園は他にもあります。南方にある「枇杷島公園」は遊具広場や広いグランドがあり、ボール遊びなどができそうです。併設している「枇杷島スポーツセンター」には体育館、スポーツジム、温水プール、弓道場があり、各種スポーツ教室も行われています。子どもの教室が充実しているので、習いごとの施設としてもおすすめできます。さらに南方には、食器メーカー「ノリタケ」の複合施設「ノリタケの森」があります。噴水広場や煙突広場などがある園内は自由に散策ができます。

隣には「枇杷島スポーツセンター」

「枇杷島スポーツセンター」
「枇杷島スポーツセンター」

赤レンガの建物も見どころ

「ノリタケの森」
「ノリタケの森」


都心の大きな公園も見てみましょう。名古屋の中心地を南北に貫く、久屋大通りの中心には「久屋大通公園」があります。川や噴水、緑が生い茂る樹木がたくさんあり、都心のオアシスとして親しまれています。また、名古屋テレビ塔やセントラルブリッジがあり、見どころもたくさんあります。「名古屋市美術館」と「名古屋市科学館」といった文化施設や広場、遊具などがある「白川公園」も都心のオアシスになっています。宇宙をモチーフにしたユニークな遊具もあり、少し違った遊び方ができそうです。

週末にはイベント多数!

「久屋大通公園」
「久屋大通公園」

「白川公園」
「白川公園」


周辺地域に、グランドや野球場を併設した公園が点在しているのも特徴です。「押切公園」には、陸上競技場、テニスコート、野球場(現在は改修中)が広大にあるほか、遊具エリアでは、広々とした場所で子どもたちは遊ぶことができます。野球場や広場がある「志賀公園」は回遊式公園になっており、池の周囲やハーブガーデン、緑の樹木がたくさんある中を散策することができます。西隣の「ウエルネスガーデン」では、足腰にやさしい弾性アスファルトを使用したウォーキングコースや体力テストができる器具があり、健康づくりができます。

「押切公園」
「押切公園」

ジョギングコースにもなっている

「志賀公園」
「志賀公園」


広場のある公園はまだあります。西方にある「児玉公園」はグランドと遊具エリアが半々となっており、すべりだい、山型遊具があります。「西区役所」の南隣には「花ノ木公園」があり、広場のほか、遊具エリアの遊具が充実しています。これら公園の広場は背の高いフェンスで囲まれているため、のびのびとボール遊びができそうです。

周囲は花もいっぱい!

「児玉公園」
「児玉公園」

「花ノ木公園」
「花ノ木公園」


住宅街の中に公園が多いことも浄心エリアの特徴でしょう。「天神山公園」はこぢんまりとしていますが、複合遊具やブランコがあるので、小さな子どもが楽しむことができます。さまざまな遊具で遊ぶことができる「上名古屋公園」は日陰が多いため、快適に過ごすことができそうです。グランドも併設されており、たくさんの家族が遊ぶ姿を見かけることができます。

「天神山公園」
「天神山公園」

フェンス付きのグランドもある!

「上名古屋公園」
「上名古屋公園」


次は文化施設を紹介しましょう。346席のホールがある「西文化小劇場」では、音楽、演劇、舞踊、市民の発表会など多数の催し物が行われています。同建物内には「西図書館」があり、小さな子ども向けのおはなし会などが行われています。子どもたちの遊び場の拠点ともなる「西児童館」では、多数の行事やクラブ活動が行われており、子どもたちが目的をもって活動することができます。館内には乳幼児専用ルームがあるので、小さな子どもは安心して遊ぶことができます。また、中高生は専用時間「ナイト★児童館」の利用ができます。

「西図書館」も入っている

「西文化小劇場」
「西文化小劇場」

乳幼児から18歳までが遊べる

「西児童館」
「西児童館」


近くには学びの施設もあります。楽しく科学を理解することができる「名古屋市科学館」は地下2階から6階まで、テーマ別に科学を体験できる展示がされています。実験や実演が多数、行われているほか、内径35mもあるドームと最新の映像技術で観賞できる迫力のプラネタリウムも必見です。国際的規模の企画展が開催される「名古屋市美術館」は、キッズプログラムや夏休みに「こども美術館」を開くなど、教育普及にも力を入れているので、子どもも楽しむことができます。ほかにも「でんきの科学館」、「NHK放送体験スタジオ わくわくスタジオ」といった施設もあります。

巨大ドームのプラネタリウムが人気

「名古屋市科学館」
「名古屋市科学館」

「名古屋市美術館」
「名古屋市美術館」


家族みんなでのショッピングは、さまざまな店舗が入っているショッピングモールがおすすめです。近くには「ミユキモール」があり、食品スーパー、飲食店のほか、健康や健康に関わるショップが多くあります。「ヨシヅヤ名古屋名西店」には40以上の専門店が入っており、1日をここで過ごすことができそうです。「イオンタウン名西」は食品売り場が24時間営業、専門店も22時まで営業しているので、便利に利用ができそうです。

「ミユキモール」
「ミユキモール」

グルメのお店多数

「ヨシヅヤ」
「ヨシヅヤ」


近くにはそのほかのレジャースポットも点在しています。2018(平成30)年の春にオープンしたばかりの「金シャチ横丁」は名古屋城の東と西で2箇所にあり、尾張徳川の文化と歴史が漂う雰囲気の中に約20店舗の飲食店が立ち並んでいます。なごやめしと呼ばれる名古屋の名物や新しい食を提案する店舗など、名古屋のおいしいものがここに集結しています。「名城公園」内に2017(平成29)年に誕生した「tonarino(トナリノ)」はランニングステーションを中心に、カフェやレストランが集まっています。定期的にマルシェが開かれるなど、楽しみがたくさんあります。

名古屋のニュースポット!

「金シャチ横丁」
「金シャチ横丁」

イベントやマルシェも!

「tonarino(トナリノ)」
「tonarino(トナリノ)」


発見ポイント!

  • (1)小さな公園から大きな公園まで憩いの場所が多数!
  • (2)文化・学びの施設も多数
  • (3)都心のレジャースポットにも近い!