エリア概要コラム

「名古屋城」を望む緑豊かな街、名古屋の城下町に暮らす

名城公園エリアは日本100名城や国の特別史跡に指定されている「名古屋城」の北に位置する。エリア周辺には「名古屋市役所」や「愛知県庁」などが建ち、愛知県や名古屋市の行政の中心地として機能しており、愛知県有数のショッピングタウンとしてにぎわう栄にも近く、暮らしの利便性が高い。

「名古屋城」の城下町として発展

金の鯱が輝く「名古屋城」
金の鯱が輝く「名古屋城」

「名古屋城」の城下町として発展した名城公園エリア。「名古屋城」は1610(慶長15)年に「清須城」に代わる城として築造され、清須から家臣や町人、社寺などがまとめて移ってきたことで有名だ。この大移動は「清州越し」と呼ばれている。

金の鯱を持ち、名古屋を代表する歴史的建造物として親しまれた「名古屋城」は第二次世界大戦中の空襲で焼失したものの、1959(昭和34)年に天守の再建が完了。金の鯱も復元された。また、「名古屋城」周辺は「名城公園」として多くの緑と共に整備されている。

スーパーマーケットが充実、栄も身近

スーパーマーケットに加え専門店も入る「FEEL 志賀公園店」
スーパーマーケットに加え専門店も入る「FEEL 志賀公園店」

こちらのエリアは買い物の利便性に恵まれていることも魅力だ。エリア周辺には、安心・安全でおいしい食品を揃える「コープあいち 黒川店」や地域密着型のスーパーマーケット「アオキスーパー 上名古屋店」といった日常の買い物に便利なショッピング施設が充実している。エリアの北にはドラッグストアや美容院、クリーニング店も入る大型スーパーマーケット「FEEL 志賀公園店」もあり、買い物の選択肢は豊富だ。

名古屋PARCO
名古屋PARCO

エリア近くの「名城公園」駅から名古屋市営地下鉄名城線に乗れば「栄」駅わずか4分と近く、「名古屋PARCO」や「松坂屋 名古屋店」、「LACHIC(ラシック)」、「名古屋三越 栄店」など多彩なショッピング施設での買い物も楽しめる。

「名城公園」周辺で再整備が進行中

「名城公園」内に誕生した複合施設「tonarino(トナリノ)」
「名城公園」内に誕生した複合施設「tonarino(トナリノ)」

近年、名古屋市では大規模公園の有効利用を進めており、「名城公園」内でも2017(平成29)年4月にはカフェやレストラン、スポーツ施設が併設された「tonarino(トナリノ)」が誕生した。

また、「名城公園」駅のすぐ北側の「旧合同宿舎城北住宅」周辺の有効活用計画も検討されている。ここは「名城公園」に近く、広大な敷地を持つため、名古屋市では観光客の玄関口となる施設の開発を目指しているという。新たな施設が誕生すれば、このエリアの暮らしはさらに魅力が増しそうだ。

「名城公園」の緑に彩られた街

美しい緑が広がる「名城公園」
美しい緑が広がる「名城公園」

また、緑に親しめるスポットも多いこのエリア。「名城公園」は「名古屋城」を中心とした約80ヘクタールという広大な敷地を持つ公園で、四季折々の風景が美しい。園内の「名城公園フラワープラザ」では花や緑に関する展示会や講習会などイベントも多く、スケジュールを確かめて訪れるのも良い思い出になりそうだ。

エリア周辺には他にも織田氏に仕えた武将、平手正秀の邸宅があった場所に整備された「志賀公園」や曹洞宗の「西来寺」周囲に広がる「田幡公園」など豊かな自然を感じられる公園が点在する。
名古屋市中心部に近く、緑も豊かな名古屋市北区金城2丁目。将来性も豊かで暮らしの場としての魅力も多い。