REPORT:「名古屋」駅前だけじゃない!「名古屋」駅周辺の開発の様子をレポートします!

大規模な開発が次々と進む「名古屋」駅前ですが、周辺でも様々な開発が進められています。こちらでは、「名古屋」駅近郊で行われている開発の様子をご紹介します。

名古屋駅近郊の空撮
名古屋駅近郊の空撮

ささしまライブ24

駅の南側、かつて貨物駅だった「笹島」駅の跡地では「ささしまライブ24」の開発が進められています。2009(平成21)年には「JICA中部国際センター」が開所、2011(平成23)年にはJR、名鉄、近鉄の線路上を南北につなぐ歩道橋「ささしま米野歩道橋」が開通しました。2015(平成27)年3月には高級賃貸マンションの「ロイヤルパークスERささしま」の入居が開始。2016(平成28)年1月には結婚式場の「アートグレース」も開業しました。11月には「中京テレビ放送」の新社屋が完成する予定となっています。

JICA中部国際センター
JICA中部国際センター

中京テレビ放送
中京テレビ放送


そのほかにも「さしまライブ24」では、2017(平成29)年に「グローバルゲート」の開業が控えています。高さ約170メートルのウエストタワー棟、高さ約90メートルのイーストタワー棟の2棟の超高層ビルと、高さ約30メートルの低層棟の3棟で構成され、オフィスのほか、プリンスホテル、コンファレンスセンター、商業施設などが入居予定となっています。また、近くでは「愛知大学 名古屋キャンパス」の第2期工事も進行中で、「グローバルコンベンションホール」や「グローバルスクエア」が設置される予定で、2017(平成29)年の完成を目指しています。

開発の目玉施設

グローバルゲート
グローバルゲート

完成予想図(引用:グローバルゲートHP)
完成予想図(引用:グローバルゲートHP)


第2期工事が進行中

愛知大学名古屋キャンパス
愛知大学名古屋キャンパス

また、近くでは「愛知大学 名古屋キャンパス」の第2期工事も進行中で、「グローバルコンベンションホール」や「グローバルスクエア」が設置される予定で、2017(平成29)年の完成を目指しています。


納屋橋東地区第一種市街地再開発事業

「名古屋」駅の東側にある納屋橋エリアでも、「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」が進められています。共同住宅、商業施設、業務施設などから成る計画で、280戸の住宅や、水辺の空間を活かした大階段や納屋橋テラスを中心としたイベントスペースの設置などが予定されています。

賑わい施設が
誕生する予定

納屋橋東地区第一種市街地再開発事業
納屋橋東地区第一種市街地再開発事業

完成予想図(引用:名古屋市HP)
完成予想図(引用:名古屋市HP)


名古屋城の金シャチ横丁

「名古屋城」でも観光地としての魅力を高める「金シャチ横丁」計画が進められています。交流やにぎわいの拠点づくりを行うことを目指して、芝居小屋や展示スペース、名古屋の食文化・生活文化を堪能できる横丁の建設が予定されています。

名古屋城
名古屋城

金シャチ横丁イメージ(引用:名古屋市HP)
金シャチ横丁イメージ(引用:名古屋市HP)


ノリタケ本社工場跡地の再開発計画

「名古屋」駅北側の「ノリタケの森」に隣接した「ノリタケカンパニーリミテド」の本社工場跡地の再開発計画では、イオンや三菱地所と共同で、商業施設とマンションを建設する予定となっています。商業地区では既存の緑豊かな空間を維持・活用しながら大規模商業施設を建設し、災害時の帰宅困難者を受け入れる退避施設も整備することになっています。

大型商業施設が建設予定

ノリタケ工場跡地
ノリタケ工場跡地

計画図(引用:ノリタケカンパニーリミテド ノリタケの森地区計画(素案))
計画図(引用:ノリタケカンパニーリミテド ノリタケの森地区計画(素案))


「名古屋」駅前だけじゃない!「名古屋」駅周辺の開発の様子をレポートします!発見ポイント!

ささしまライブ24
ささしまライブ24

  • (1)貨物駅跡地の大規模開発!
  • (2)新たな観光地も誕生予定!
  • (3)利便性の高い場所に誕生する新築マンション!