扇川沿いに建つ、周囲に緑にあふれる中学校

名古屋市立扇台中学校

「扇川」に沿って建つ「名古屋市立扇台中学校」は、1979(昭和54)年に生徒数の増加に伴い「名古屋市立鳴海中学校」から分校、設立された。「名古屋市立徳重小学校」「名古屋市立鳴海東部小学校」「名古屋市立常安小学校」を卒業した児童が通う学区となっていて、多くの生徒がこれらの小学校から入学する。校訓は「つよく さとく あたたかく」。何事にもくじけない心身、課題を解決する力、人を思いやる心の育成を目標としている。

「名古屋市立扇台中学校」正門前
「名古屋市立扇台中学校」正門前

生徒・保護者や地域の願いである、明るく、楽しく、安心できる学校づくりを基盤とする「名古屋市立扇台中学校」。「分かり合う心 伝え合う心」というスローガンには、人と人とのつながりを大切にした教育活動に取り組む、教職員の思いが集約されている。

「名古屋市立扇台中学校」では、「努力点」として、重点とする生徒の姿を3つ掲げている。一つ目は、「進んで授業に参加し、ともに学び合うことのできる生徒」となっていて、教科指導にかかわる「努力点」となっている。二つ目は、「仲間を思いやり、正しく判断して行動できる生徒」で、こちらは生活指導の「努力点」。三つ目の「互いを高め合い、集団生活をよりよくする生徒」は、行事での取り組みなどにかかわる「努力点」となっていて、ともに学ぶ仲間を大切にし、互いを高め合い、向上できるようにしていきたいという思いが込められている。

広々としたグラウンド
広々としたグラウンド

大きな学校行事としては、6月の体育大会のほか、11月には音楽会も行われている。また、2年生は職業体験学習や、愛知県豊田市稲武での野外学習などにも参加する。「名古屋市立扇台中学校」の生徒は、素朴で明るく人なつっこい子どもが多く、各行事にも積極的に取り組む姿もよく見られるという。

また、部活動においては野球やバレーボール、合唱、美術などをはじめ、ハンドボールや園芸もあり、選択肢の幅が広いことも生徒にとって嬉しいポイントだ。

2016(平成28)年12月に行われた、「2016(平成28)年度 愛知県中学生ハンドボール大会」では、「名古屋市立扇台中学校」の女子チームが優勝!2017(平成29)年3月に行われる、「春の全国中学生ハンドボール選手権大会」に愛知県代表として初出場する。
また、2016(平成28)年11月に開催された「2016(平成28)年度CBCこども音楽コンクール」(中部日本ブロック)中学校 重唱部門において、「名古屋市立扇台中学校」のチームが最優秀賞を受賞!2017(平成29)年1月に行われた、「2016(平成28年度) こども音楽コンクール全国大会」では、全国2位の成績を収めた。

そのほかにも、2016(平成28)年度の「科学創作コンクール」では、“科学の夢”をテーマに絵画で表現する「科学の夢を描く部門」、観察や実験による理科の自由研究作品の完成度を競う「理科自由研究部門」において、複数の生徒の作品が入選を果たした。
2016(平成28)年6月から7月にかけてドイツで開催された、人工知能を搭載したロボットの競技大会「ロボカップ2016世界大会」でも「名古屋市立扇台中学校」のチームが入賞を果たし、8月には市長を表敬訪問している。

周辺は自然あふれる環境が広がる
周辺は自然あふれる環境が広がる

名古屋市では、中学校の体育館・格技場・運動場・コートといった体育施設を市民が利用できる「地域スポーツセンター」事業を実施している。「名古屋市立扇台中学校」では、週休日の月曜日と祝日、学校行事等で使用する日を除く午後6時~午後9時の間、日曜日は午前9時~午後5時の間で利用できるので、家族でスポーツを楽しめそうだ。また、校舎のすぐ近くにはテニスコートやジョギングコースがある「通曲公園」をはじめ、「徳重公園」など、大小さまざまな公園が点在していて、緑あふれる自然環境が整っている。四季の自然を感じながら通学ができることは、生徒にとっても嬉しいことだろう。

「名古屋市立扇台中学校」のすぐ側には「扇川」が流れていて、自然に親しめる環境が整っていることからも、周辺の生活環境の良さが伺える。「扇川」の両岸には桜並木や地域の人の手によって整備されている花壇があるので、入学・卒業式シーズンの感動もひとしおだろう。

名古屋市立扇台中学校
所在地:愛知県名古屋市緑区徳重1-1201 
電話番号:052-876-6201
http://www.ogidai-j.nagoya-c.ed.jp/newpa..

詳細地図