エリア概要コラム

良好なアクセスが生かされた、
活力ある生活便利な豊橋市前田町

城下町、宿場町として栄えてきた平坦な地形に、ショッピング施設やスポーツ施設が点在し、いきいきとした生活を楽しむことができる豊橋市前田町。図書館や美術館といった文化施設や緑豊かな公園、伝統の祭りも多く、自然や文化にふれることができる。各地へのアクセスも良く、豊かな生活を送ることができそうだ。

歴史と産業を礎に、住宅地として広がるエリア

新幹線も通る「豊橋」駅
新幹線も通る「豊橋」駅

豊橋市は愛知県の東南部に位置し、東は静岡県、南は遠州灘、西は三河湾に面した温暖な地域。「豊橋」駅は豊橋市の中央部にあり、駅前の市街地を越えた南東に豊橋市前田町は位置している。「豊橋」駅前の喧騒から離れ、閑静な住宅街が広がっているこのエリアは落ち着いた生活をするにはぴったりの場所。市民の憩いの場所であり、桜の名所でもある「豊橋公園」や「向山緑地」にも近く、周囲には「豊橋市民文化会館」や「豊橋市美術博物館」があり、自然や文化・芸術にふれることができる。

鉄道、幹線道路が放射状に広がり、近隣地域へのアクセス良好

愛知県豊橋市コラム
愛知県豊橋市コラム

前田町からは豊鉄バス「前田二丁目」バス停から、約8分で「豊橋」駅へアクセスできる。「豊橋」駅行きのバスは1時間に10本以上、特に通勤通学の時間帯にあたる午前7時台は21本も通っているのでアクセスに便利。「豊橋」駅は東三河の玄関口として、3社6路線の鉄道が乗り入れている。名古屋、浜松方面へは電車で20分以内、さらに東京へは東海道新幹線で約80分でアクセスできる。また、市内には路面電車も走っており、市民の足として利用されている。幹線道路も都市部を中心に放射状に広がっているため、各地へ気軽にショッピングやお買い物に出かけることができるのもうれしい。

スーパーから百貨店まで、幅広いショッピング施設が充実

ココラアベニュー
ココラアベニュー

豊橋市前田町は周辺にショッピング施設が充実している。「バロー 豊橋店」、「アピタ向山店」など、食料品を中心に日用品のお買い物ができる大型スーパーをはじめ、「エディオン豊橋店」といった家電製品のお買い物も近くでできるので生活必需品の購入には困らない。さらに駅前の大型商業施設「ココラアベニュー」や「豊橋駅ビル カルミア」なども通勤通学の際に利用でできる。そのほか、「豊橋」駅前には「ほの国百貨店」や多種多様な飲食店も多数あり、お買い物の選択肢が豊富なのも前田町の魅力のひとつ。

妊娠期から子どもが成長するまでの子育て環境が揃う

豊橋市こども未来館 ここにこ
豊橋市こども未来館 ここにこ

「豊橋」駅近くにある「こども未来館 ここにこ」には1階に0歳から3歳の乳幼児とその保護者を対象に自由に交流をしながら子育ての相談や情報提供にも対応できる「子育てプラザ」がある。キッズスペースや屋外遊具で遊んだり、さまざまなプログラムや講座で楽しんだりすることもできる。

豊橋市子育て情報ポータルサイト「育なび」※出典:豊橋市
豊橋市子育て情報ポータルサイト「育なび」※出典:豊橋市

豊橋市では、市内にある認定こども園や保育園、幼稚園がそれぞれ一冊にまとまったガイドブックもあるので、保育所選びにとても役立つ。認定こども園や保育園では子育て支援を行っている施設が多くあるほか、病児保育を行っている施設もあるので、いざというときにも安心して働くことができる。さらに豊橋市の子育てに関する情報をまとめたポータルサイト「育なび(いくなび)」では、妊娠期から子どもが18歳になるまでの子育てに役立つ情報が紹介されている。サイトでは子どもの年齢別、目的別などで検索ができるので、ぜひチェックしてみよう。

伝統と市民中心のまつりで盛り上がるにぎわいのまち

豊橋市には、年間を通して伝統のお祭りや市民中心のお祭りが多いことも特徴のひとつ。中でも豊橋が発祥の地といわれる「手筒花火」は東三河地域独自の花火とも言われ、古い歴史を誇る。また、毎年2月に行われるのは天下の奇祭と言われる「鬼祭」。この祭りは、 国の重要無形民俗文化財として認定され、日本建国神話でも、豊年と厄除けのお祭りとして約1,000年前から毎年行われている。

「ええじゃないか 豊橋まつり」※豊橋市提供
「ええじゃないか 豊橋まつり」※豊橋市提供

さらに「すべての市民が共有できるまつりを」との思いから開催される「ええじゃないか 豊橋まつり」では、多くの地元の人が集まり、参加者みんなで歌って踊るなど、地元の人と交流する機会は多い。また、春には「豊橋公園」などで「さくらまつり」が、初夏には「加茂しょうぶ園」での「花しょうぶまつり」、秋には「普門寺」で「もみじまつり」が行われるなど、日本の四季を感じながら生活することができる。さらに2018(平成30)年には映画監督である園子温がディレクターを務め、豊橋を盛り上げる「ええじゃないかとよはし映画祭2018」も開催される。

大小さまざまな公園が点在する、街と調和する自然環境

愛知県豊橋市コラム
愛知県豊橋市コラム

豊橋市前田町は「豊橋公園」や「向山緑地」などの大型の公園に囲まれており、四季折々の自然にもふれることができる。これらの公園では3月下旬から4月上旬にかけて桜が咲き誇り、桜の名所としても市民に親しまれている。「豊橋公園」にはソメイヨシノが約500本、「向山緑地」には約1,000本の桜が植えられており、街との調和も美しい。「豊橋公園」は遊具も置かれており、豊橋市民のシンボル的な公園となっている。「向山緑地」は向山大池を囲むような形をしている公園。ガチョウやカモなどの生き物の姿を見ることができたり、初夏にはつつじまつりも開催されたりと自然とふれ合うことができる。

豊橋市前田町周辺には四季を感じられる緑豊かな公園がある一方で、駅前の大型ショッピング施設を日常使いでき、豊橋市の2つの魅力を両方享受することができるとっておきの場所。暮らしの利便性に恵まれながら、身近で自然を感じられる街、それが豊橋市前田町だ。

あわせて読みたい。関連ページ