天白区植田を知る

緑豊かな環境と便利な暮らしが両立する街

名古屋市天白区植田は名古屋市営地下鉄鶴舞線の「植田」駅北側を中心に広がるエリアだ。地形的には尾張丘陵とその間を流れる植田川沿いの平地が混在し、植田周辺はおおむね平坦な地形に恵まれている。このエリア周辺では1960年代から「島田住宅」や「平針団地」など大規模な住宅地が開発されベッドタウンとして発展を遂げた。

名古屋市営地下鉄鶴舞線で名古屋市中心部にダイレクトアクセス

名古屋市中心部を通る名古屋市営地下鉄鶴舞線の「植田」駅が最寄り
名古屋市中心部を通る名古屋市営地下鉄鶴舞線の「植田」駅が最寄り

植田は交通アクセスの利便性も高い。最寄りとなる「植田」駅からは名古屋市営地下鉄鶴舞線が利用でき、「伏見」駅や「丸の内」駅など名古屋市中心部にもダイレクトアクセス可能。名古屋市営地下鉄鶴舞線には名鉄豊田線への直通電車や名鉄犬山線への直通電車もあり、「日進」駅や「豊田市」駅などへも乗り換えなしで移動できる。

国道302号や国道153号など幹線道路が近くを通過しているため、自動車の利用もしやすい。国道302号沿いには名古屋第二環状自動車道の「植田」ICもある。名古屋第二環状自動車道は「名古屋」ICで東名高速道路と、「名古屋東」JCTで新東名高速道路や新名神高速道路につながる伊勢湾岸自動車道と接続しており、遠方へのドライブも快適だ。

日常の買い物に便利なショッピング施設だけでなく、おしゃれなショップも充実

夜23時まで営業と使いやすい「コノミヤべりーぐっど店」
夜23時まで営業と使いやすい「コノミヤべりーぐっど店」

植田では買い物の利便性も高い。「植田」駅前にはスーパーマーケット「コノミヤべりーぐっど店」をはじめ、やコンビニエンスストアやドラッグストアが揃い、日常の買い物で遠くまで出かける必要はない。

ヴィレッジヴァンガードの1号店「ヴィレッジヴァンガード 本店」
ヴィレッジヴァンガードの1号店「ヴィレッジヴァンガード 本店」

植田西一丁目にはユニークな品ぞろえが話題の「ヴィレッジヴァンガード 本店」があるほか、エリア周辺の住宅街にはおしゃれなギャラリーやこだわりのセレクトショップも多く、散策しながら買い物も楽しい。隠れ家的なグルメの店も点在し、買い物ついでに食事やお茶もできるだろう。

子育て・教育施設に恵まれ、子育て支援も手厚い

名古屋市では保育所での一時保育をはじめ、名古屋市の委託業者がヘルパーを派遣する「産前・産後ヘルプ事業」、地域住民が子育ての援助を行う「名古屋のびのび子育てサポート事業」といったきめ細かい子育て支援が行われている。植田のある天白区では子育て支援グループ「天白子ネット」が積極的な活動を行っており、こうした子育てに関する情報をWebサイトでまとめて手に入れることができるのもうれしい。

「名古屋市立植田幼稚園」をはじめ幼稚園・保育園が充実
「名古屋市立植田幼稚園」をはじめ幼稚園・保育園が充実

エリア周辺には「名古屋市立植田幼稚園」や「名古屋植田ヶ丘こども園」など幼稚園・保育園も多く、送り迎えの負担が少ないほか、子どもの遊び場に適した大きさの「石田公園」や「東屋敷公園」などが近いことも魅力だ。

近隣には「名古屋大学 東山キャンパス」など大学のキャンパスも多い
近隣には「名古屋大学 東山キャンパス」など大学のキャンパスも多い

植田周辺は「名古屋大学 東山キャンパス」や「南山大学 名古屋キャンパス」など大学のキャンパスが多く、文教エリアという側面も持つ。小・中学校や高等学校も多く、進路の選択によっては大学まで近隣に通学することもできる。

緑豊かで季節の移ろいを楽しめる街

天白川沿いの桜
天白川沿いの桜

植田は緑に親しめるスポットが多いことも特徴だろう。とくに天白川沿いは河川敷が緑地として整備され、散策やジョギングの場に最適。春にはお花見スポットとしても親しまれている。エリア内の「稲葉山公園」は小高い丘の頂上に展望台があり、「東山スカイタワー」や天白区の住宅街を眺めが楽しめる。

稲葉山公園」の展望台からの眺め
稲葉山公園」の展望台からの眺め

少し足を延ばせば、池の周囲の緑が美しい「天白公園」や「東山動植物園」や「東山スカイタワー」がある「東山公園」など大規模公園も多い。

名古屋市中心部に近く、緑豊かで閑静な佇まいに恵まれた名古屋市天白区植田。ここは名古屋市内でも有数の快適な暮らしを実現できる街といえるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ