名古屋市矢田のエリア概要

アクセス拠点となる駅や商業施設、文化施設が集まる便利なまち

「ナゴヤドーム前矢田」駅のすぐ近くには、「ナゴヤドーム」といったスポーツ・レジャー施設、「東文化小劇場」や「名古屋市東図書館」といった文化施設があり、さまざまな楽しみ方ができるエリア。商店街や大型商業施設も点在しており、便利で暮らしやすさを感じられる。また、幼稚園や保育園などの子育て施設から大学キャンパスまで、子育て・教育施設が充実しているのも特徴だ。

戦後の開発、発展によって住宅街となる

矢田東エリアは名古屋市の中心市街地となる中区と並び、名古屋の都心を構成する東区の北東部にある住宅街。南には地下鉄名城線と名古屋ガイドウェイバス・ゆとりーとラインの「ナゴヤドーム前矢田」駅が、北には名鉄瀬戸線「矢田」駅がある。

現在の「三菱発動機第四工場」「ナゴヤドーム」及び「名古屋大学大幸医療センター」付近には、大正から「第二次世界大戦」にかけて「三菱重工業名古屋発動機製作所大幸工場」をはじめとする工業地区が形成されていた。しかし、昭和末期から平成にかけて工場の閉鎖が相次ぎ、大規模な工業施設は減少していった。

「日本たばこ産業 名古屋工場」の跡地に誕生した「イオンモール ナゴヤドーム前」
「日本たばこ産業 名古屋工場」の跡地に誕生した「イオンモール ナゴヤドーム前」

その後、戦災復興や耕地整理などが行われ、1970年代に街区の整備によって街の基盤ができると住宅街となり、現在の姿になった。工場跡地には商業施設や公共施設が建設され、活用されている。さらに地下鉄名城線が2000(平成12)年に大曽根~砂田橋駅間で開業したことにより、このエリアの開発はさらに飛躍的に進められるようになっていった。

街の成長と共にレジャー施設、文化施設、ショップなどが増加

「三菱重工業」の工場跡地に誕生した「ナゴヤドーム」
「三菱重工業」の工場跡地に誕生した「ナゴヤドーム」

エリア一帯は1997(平成9)年、「三菱重工業」の工場跡地に「ナゴヤドーム」が完成以降、数々の文化施設や大型ショップがオープンしている。2001(平成13)年には全国初のガイドウェイバス・ゆとりーとラインが開通し、「東スポーツセンター」や「東文化小劇場」などが入る複合施設「カルポート東」が開館。大型ショップでは、2002(平成14)年に「メッツ大曽根」の開業、2006(平成18)年には「イオンモール ナゴヤドーム前」と「砂田橋ショッピングセンター」、「ホームセンターコーナン 砂田橋店」が開業し、商業施設も非常に充実し、利便性が向上している。

保育園や各種学校が揃う文教地区で、子育てに便利

「名古屋大学 大幸キャンパス」
「名古屋大学 大幸キャンパス」

認可保育園が多数あるほか、「愛知教育大学」附属の幼稚園があったり、「矢田コミュニティセンター」で子育てサロンが開かれていたり、子育て支援が充実しているエリア。通学区の小学校、中学校が近く、周辺には「名古屋大学 大幸キャンパス」や「名古屋市立大学 北千種キャンパス」といった教育機関が多くあることも特徴。成長後の進路も近くに選択肢があるのは嬉しい。2016(平成28)年には「イオンモール ナゴヤドーム前」に隣接して「名城大学 ドーム前キャンパス」も開設するなど、アカデミックな雰囲気も漂う。

さまざまな路線が集中する、各方面へのアクセス拠点となるエリア

「ナゴヤドーム前矢田」駅
「ナゴヤドーム前矢田」駅

名古屋市内の環状線となっている地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」駅は、名古屋市内各方面へのアクセスに便利で、都心主要駅の「久屋大通」駅、「栄」駅、「金山」駅などにダイレクトにアクセスできる。地下鉄で一つ隣の「大曽根」駅はJR中央本線、名鉄瀬戸線の駅に乗り換えができて便利。また、同じ地下鉄名城線で「本山」駅まで行けば地下鉄東山線に、「金山」駅まで行けばJR東海道線や名鉄名古屋本線などに乗り換えが可能。「名古屋」駅へは20分ほどでアクセスできるので、新幹線の利用や一度の乗り換えで「中部国際空港」駅まで行って飛行機を利用することもできる。「ナゴヤドーム前矢田」駅は名古屋ガイドウェイバス・ゆとりーとラインも利用ができ、北東方面へのアクセスも便利だ。

公園が多く、レジャーに最適な「ナゴヤドーム」では充実した休日を過ごせる

矢田公園
矢田公園

エリア周辺には「矢田公園」など、たくさんの公園が点在している。遊具や広場が配置された公園が多く、子どもが楽しく利用できる。エリアの北側にある矢田川沿いが緑地になっているほか、桜の名所としても知られる「木ケ崎公園」をはじめ、野球場などが整備された「大幸公園」もあり、開放感ある空間が広がっている。南東にある池泉回遊式の日本庭園「徳川園」で季節の花や草木を鑑賞でき、また、矢田東エリアのすぐ南には「ナゴヤドーム」があるため、野球観戦やイベントに出かけるなど、さまざまな休日の過ごし方ができる。