計画的なまちづくりでファミリーにも安心の環境整備が進む日進市赤池エリア

「赤池」駅
「赤池」駅

日進市赤池町は名古屋市営地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の「赤池」駅周辺に広がるエリアだ。日進市は名古屋市や豊田市へのアクセス面にも優れていることから、暮らしの利便性が高い。その暮らしやすさから、若いファミリーを中心に人口が増加している。

赤池エリアは地形的には緩やかな丘陵地。国道153号線の西に広がる赤池箕ノ手地区では区画整理事業が進行しており、2017(平成29)年に新たな大型ショッピング施設「プライムツリー赤池」がオープンするなど、都市機能の整備も進められている。

名古屋市中心部にダイレクトアクセス

「赤池」駅3番出入口
「赤池」駅3番出入口

赤池町は交通アクセスの利便性にも恵まれている。最寄りとなる「赤池」駅は名古屋市営地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の接続駅で、名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗れば「丸の内」駅など名古屋市中心部にダイレクトアクセス可能。名古屋市中心部方面には「赤池」駅始発となる電車が多く、少し並んで座って移動できることもうれしい。名鉄豊田線を利用すれば「豊田市」駅方面にも乗り換えなしとなる。

日進市内を巡る「くるりんばす」
日進市内を巡る「くるりんばす」

「赤池」駅は路線バスのターミナルとなっており、周辺エリアに向かうバスのほか、日進市内を巡回するコミュニティバス「くるりんばす」も乗り入れている。目的地によってはバスの利用も便利だ。

赤池エリアは国道153号や国道302号など幹線道路が多く、自動車も利用しやすい。国道153号は近年、豊田西バイパスが全線開通し、さらに便利になった。近隣には名古屋第二環状自動車道の「植田」ICや名古屋高速2号東山線「高針」出入口があり、高速道路へ短時間でアクセスできる。

エリア内にスーパーマーケットが充実、大規模ショッピングの開店予定も

プライムツリー赤池
プライムツリー赤池

2017(平成29)年には、駅の南側、赤池町箕ノ手地区に180もの店舗が入居する「プライムツリー赤池」がオープンし、利便性が大幅に向上した。

ピアゴ ラ フーズコア 赤池店
ピアゴ ラ フーズコア 赤池店

他にも、「赤池」駅前のスーパーマーケット「ピアゴ ラ フーズコア 赤池店」などを利用できる。また国道153号沿いの「テックランド 日進店」、「コーナン 日進店」、「ニトリ 日進店」といった専門店も使いやすい。

学園都市、日進市にあり、教育・子育て環境も充実

日進市立赤池小学校
日進市立赤池小学校

日進市は「愛知学院大学」や「名古屋商科大学」、「椙山女学園大学」、「名古屋外国語大学」など大学キャンパスが集まる学園都市となっており、この地に暮らす人々には恵まれた教育・子育て環境というメリットをもたらしている。

赤池エリアも例外ではない。周辺には「日進市立西部保育園」「Memory tree赤池保育園」といった幼稚園・保育園があり、送り迎えが短時間で済む。また、2020(令和2)年に「あかいけ箕ノ手保育園」が新たに開設されることとなっている。「日進市立赤池小学校」や「日進市立日進西中学校」といった小・中学校に近く、安心して通学させることができるだろう。

さらに、日進市は2019(令和元)年5月に「子ども・子育て支援法の­一部を改正する法律」が成立し、幼児教育・保育の一部が無償化されるなど、増加する子育て世代に向けた支援も力を入れていることがうかがえる。

身近で自然を満喫

野方三ツ池公園
野方三ツ池公園

赤池エリアは公園が多いことも魅力の一つ。「前田公園」や「野方三ツ池公園」など緑豊かな公園、子どもの遊び場に適した公園があり、散策の目的地には事欠かない。「上納池スポーツ公園」には体育館やテニスコートなどが整備れており、身近でスポーツを楽しむこともできる。

名古屋市農業センター delaふぁーむ
名古屋市農業センター delaふぁーむ

エリアの南西にある「名古屋市農業センター delaふぁーむ」では、市民菜園で野菜作りを楽しめるほか、搾りたての生乳を使ったアイスクリームを味わったり、新鮮野菜や名古屋コーチンの肉、卵を購入したりと多彩な楽しみがある。

計画的なまちづくりで新たに誕生した利便性に加え、豊かな自然にも恵まれた日進市赤池エリア。この街では快適な日々が待っている。

あわせて読みたい。関連ページ