「お菓子を食べる幸せ」を感じられる洋菓子店

PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)

PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)
PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)

本山駅からすぐ、山崎川沿いに2016(平成28)年にオープンしたフランス菓子店「PLACE au SOLEIL」。閑静な住宅街に溶け込むエレガントな佇まいに惹かれて中に入ると、色とりどりの生菓子を中心に、焼菓子、ヴィエノワズリー、ショコラやコンフィチュールなど、たくさんの商品が迎えてくれる。

クラシックモダンでおしゃれな店内
クラシックモダンでおしゃれな店内

フランスのラジオが流れる、飾り棚やドアなどフランスのアンティーク家具が配されたクラッシクモダンな店内には、朝から次々と近所の人が訪れる。朝やお昼、おやつに食べるパンやケーキを買っていったり、プレゼント用の焼き菓子を選んだり、目的はさまざま。本場パリのパティスリーさながらに、それぞれの暮らしに寄り添っている。

パンもおいしい
パンもおいしい

オーナーシェフの寺山直樹さんは、東京・世田谷にある伝統的なフランス菓子の名店「パティスリー・ノリエット」で修行を積み、「アンドレ・ルコント杯」「キリ クリームチーズコンテスト」など数々のコンテストで優勝経験を持つ実力派。「“お菓子を食べる幸せ”をできるだけ本場フランスに近い形で伝えたい」というノリエットの永井紀之シェフの思いを受け継ぎ、「奇をてらったものではなく、伝統を大切にし、忠実にフランスの食文化を伝えたい」と語る。

こだわりの「パリ・ブレスト」
こだわりの「パリ・ブレスト」

リング状のシュー生地に、プラリネのクリームをはさんだ「パリ・ブレスト」は、「アンドレ・ルコント杯」に輝いた寺山シェフのスペシャリテ。「五感のバランスを大切にしている。とくに香りには特にこだわりがある」と話す通り、しっかりと焼き込まれたシュー生地の香ばしさや、濃厚なクリームのナッティーな香りの余韻が楽しめる。ザクザクとしたシュー生地、なめらかなクリーム、アーモンドのカリッとした食感の変化も楽しい。

シェフ自慢の「タルト・クランブル・ノワゼット」
シェフ自慢の「タルト・クランブル・ノワゼット」

フランボワーズを使った「タルト・クランブル・ノワゼット」は、ポロポロと繊細に崩れるヘーゼルナッツクランブルの食感と風味と、フランボワーズのプチッとした食感とそこから弾ける酸味のバランスが秀逸な、シェフ自慢の逸品。旬のフルーツを主役にしたケーキにも定評があり、季節ごとに様々なケーキがショーケースを彩る。

フランス語で「陽の当たる場所」を意味する店名の通り、おいしいお菓子で日常の様々なシーンを明るくしてくれる。こんな暖かなパティスリーが生活の中にあることは、なんて幸せなことなんだろう。

PLACE au SOLEIL(プラス・オ・ソレイユ)
所在地:愛知県名古屋市千種区稲舟通1−38  コーポラス本山 1F
電話番号:052-788-2144
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日、第1月曜日

詳細地図