円頓寺商店街の変遷を見つめ続ける老舗甘味処

太陽堂 本店

「太陽堂 本店」外観。店先ではおはぎなどが販売されている
「太陽堂 本店」外観。店先ではおはぎなどが販売されている

「太陽堂 本店」の創業は、1908(明治41)年。約110年の歴史を持つ甘味処だ。元々は穀物商を営んでいたという。現在は4代目が店を切り盛りするが、現在の店長の曾祖父が東京でアイスクリームを学んだことで商売が広がり、穀物商として扱っていたもち米などを使って餅を作り、甘味処として店が形づくられたのだと言う。

4世代に渡って受け継がれてきた「太陽堂 本店」。店には家族が集う姿も。
4世代に渡って受け継がれてきた「太陽堂 本店」。店には家族が集う姿も。

円頓寺商店街では最も古い店と言っても過言でない「太陽堂 本店」。家族で店を営み、訪れた人たちに温かい声をかけるアットホームな様子は、まさに“昭和の商店街”を彷彿とさせる。

やさしい味わいのあんこでくるまれたおはぎ
やさしい味わいのあんこでくるまれたおはぎ

店の主力商品であるお餅を使ったメニューは、おはぎ、さくらもち、三色団子などの団子類。店内ではぜんざいやあんみつなどの甘味をイートインすることも可能。

高級料亭などでも使われるもち米、宮城県産の「みやこがね」を使ってつかれる餅は、コシが強く、お米の風味もしっかり感じる逸品。当日であれば生で食べても美味しいから驚きだ。

その日つきたてのお餅が入ったおしるこ
その日つきたてのお餅が入ったおしるこ

変わり餅として出される数量限定ミカン餅は常連客や地元客に支持を集める人気商品で、店に出るとすぐになくなってしまうほど。見つけたらぜひ買いたい一品。

ランチタイムには甘味の提供は一旦お休み。味噌カツや八宝菜など日替わりのメニューをいただくことができ、ボリュームたっぷりでありながら650円と驚異的な良心価格で提供されるため、行列ができるほどの人気ぶりだ。

年末になると鏡餅の注文も受け付ける。「太陽堂 本店」の鏡餅は近隣企業や家庭用に大人気
年末になると鏡餅の注文も受け付ける。「太陽堂 本店」の鏡餅は近隣企業や家庭用に大人気

日本の古き良き時代の面影を今に伝えてくれる「太陽堂 本店」。良心的な価格やホスピタリティーを追求し、地元の人たちに多くのことを還元する姿勢こそが、長く続いてきた要因ではないだろうか。町の食堂、甘味処として足しげく訪れたい店だ。

太陽堂 本店
所在地:愛知県名古屋市西区那古野2-19-22
電話番号:052-551-0121
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜日

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ