地元客や外国人観光客などが集うコーヒースタンド

ROWS COFFEE

「ROWS COFFEE」外観
「ROWS COFFEE」外観

地下鉄桜通線「国際センター」駅から徒歩3分、明道町交差点のほど近くにあるコーヒースタンド「ROWS COFFEE」。オーナーの渡部さんが脱サラをして始めたお店で、“誰もが集いやすい場所に”という思いを込めて作り上げた店内は、白を基調にと木目がアクセントに入った居心地のよい空間となっている。

訪れる客を見ながら、コーヒーの淹れ方を調整してくれるオーナー渡部さん
訪れる客を見ながら、コーヒーの淹れ方を調整してくれるオーナー渡部さん

コーヒースタンドというと若者が集う店というイメージが強いが、「ROWS COFFEE」に訪れる客層は実に様々。モーニングタイムは地元の年配客にも支持されており、常連も多い。店はバリアフリーになっているため、日中はベビーカーを押した子育てママの姿も見られる。また、近くのゲストハウスに泊まっている外国人観光客もよく訪れるのだという。

エスプレッソを使ったドリンクもまろやかな味わいで提供される
エスプレッソを使ったドリンクもまろやかな味わいで提供される

コーヒーは2種類のオリジナルブレンドのドリップとシングルコーヒー、エスプレッソドリンクなどを提供。店名を冠した「ROWS BLEND」は苦味、酸味、甘味のバランスが絶妙な一杯だ。オーナーが好きな味を出すために探し求めた豆を仕入れ、天候や客に合わせて淹れ方を絶妙に変えてくれるのも特徴。いつも通う客は、オーナーと話をしながら自分好みのコーヒーを淹れる姿も見ることができる。

薄くスライスされたバターが乗ったあんバタートースト
薄くスライスされたバターが乗ったあんバタートースト

コーヒーと共にぜひ試してもらいたいのが、あんバタートースト。近くにあるベーカリー「芒種」のパンを使い、手作りのあんとたっぷりのバターが乗ったトーストに仕上がっている。見た目も特別感があり、思わず写真を撮りたくなってしまうトースト。甘さ控えめでマイルドな味わいのあんバタートースト。ちょうどいい大きさでペロリとたいらげてしまえるから不思議だ。

コラボイベントも多数行われる「ROWS COFFEE」
コラボイベントも多数行われる「ROWS COFFEE」

「ROWS COFFEE」ではコラボイベントもたくさん。毎週火曜日の16時からは店頭でオーガニック野菜の販売、その他、アパレル販売やアーティスト作品の展示販売なども行われる。コーヒーを片手におしゃべりを楽しむことができる仕掛けが盛りだくさんの場所となっている。

ROWS COFFEE
所在地:愛知県名古屋市西区那古野2-21-5 
営業時間:8:30~18:00
定休日:金曜日
https://www.rowscoffee.com/

詳細地図