名古屋市中心部にアクセスしやすく、住環境にも恵まれた大府市中央町

大府市は愛知県西部に位置し、自動車関連を中心に工場が多く、工業都市として栄えた一方、名古屋市郊外のベッドタウンとしても発展した。「大府」駅東側に広がる中央町はショッピング施設や医療施設、子育て施設に恵まれた住宅地として人気を集め、ファミリー世帯が多く暮らしている。

「名古屋」駅まで15分の好立地

JR東海道線とJR武豊線が乗り入れる「大府」駅
JR東海道線とJR武豊線が乗り入れる「大府」駅

「大府」駅に近い中央町は交通アクセスの利便性も高い。「大府」駅にはJR東海道線の特別快速を除くすべての電車が停車し、利用できる電車の本数が多い。新快速を利用すれば「名古屋」駅まで15分、「金山」駅には11分と短時間でアクセスできる。

エリア周辺には国道366号線や国道155号線など幹線道路が多く、自動車も使いやすい。伊勢湾岸自動車道の「名古屋南」ICや知多半島道路の「大府東海」ICも近く、遠方へのドライブも快適だ。

大規模ショッピング施設が隣接

多彩な買い物を楽しめる「アピタ大府店」
多彩な買い物を楽しめる「アピタ大府店」

中央町は買い物環境にも恵まれている。エリアに隣接して、スーパーマーケット「ヤマナカ フランテ館」をはじめファッションや雑貨など約40店舗のショップが集まる大規模ショッピング施設「リソラ大府ショッピングテラス」が建つほか、スーパーマーケット「アピタ 大府店」やドラッグストア「スギ薬局 大府店」も近く、多彩な買い物を身近で済ませることができる。

地元産の野菜を購入できる「グリーンプラザおおぶ「知多の旬菜農場」」
地元産の野菜を購入できる「グリーンプラザおおぶ「知多の旬菜農場」」

大府市は農業も盛んで、「グリーンプラザおおぶ「知多の旬菜農場」」や「JAあぐりタウン げんきの郷」で地元産の新鮮な野菜を購入できることもうれしい。

公共施設や医療機関が使いやすい

図書館もある「おおぶ文化交流の杜」
図書館もある「おおぶ文化交流の杜」

中央町からは「大府市役所」をはじめ、音楽ホールや図書館が集まる「おおぶ文化交流の杜」など公共施設が近く、行政手続きや公共サービスの利用がしやすい。

大府市の南部は医療、福祉、介護関連の施設が集まり、ウェルネスバレーと呼ばれている。中央町周辺にも医療機関が多く、体調を崩した際も安心だ。

緑や歴史を感じられるスポットも身近

中央町周辺は子どもの遊び場や地域の憩いの場として親しまれている公園が多く、穏やかな雰囲気が漂う。「大倉公園」や「大府みどり公園」など緑豊かな公園も近い。

水辺の散策を楽しめる「二ツ池公園」
水辺の散策を楽しめる「二ツ池公園」

「二ツ池公園」は江戸時代初期からあるため池の周囲を整備した公園で、自然体験学習施設「二ツ池セレトナ」もある。

長い歴史を誇る「宝龍山 延命寺」
長い歴史を誇る「宝龍山 延命寺」

鎌倉時代に創建されたと伝えられ、知多四国四番礼所にもなっている「宝龍山 延命寺」など歴史を感じられるスポットも多い。

大府市は「スポーツのまち おおぶ」をスローガンにコミュニティスポーツから発生した「とうちゃんソフト」をはじめ地域スポーツ活動が盛んなことでも知られている。中央町周辺でもスポーツ施設が多く、気軽に体を動かしてリフレッシュできる。

名古屋市中心部に近く、ショッピング施設や公共施設が揃い、豊かな自然も身近な大府市中央町エリア。ここでは快適な暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ