ゆったりとした暮らしを送るシニア夫婦のある一日

新幹線停車駅の「名古屋」駅まで21分の植田エリアは、東京からも気軽に来訪できます。交通利便性に加え、身近には散策コースやユニークな施設も多く、快適に過ごせる住環境が広がっています。そんな街で穏やかな日々を送る、シニア世代のご夫婦の日常をご紹介します。

image photo
image photo

時計

7:00

起床・天白川沿いを散歩

天白川 植田緑道
天白川 植田緑道

朝は早く起きて散歩が定番。眺望が美しい「稲葉山公園」も散歩コースの一つ。今日は天白川の植田緑道へ出かけることに。春は桜も美しく、四季の変化も感じられてうれしい。

時計

8:00

「レイドバック」でモーニング

レイドバック
レイドバック

休憩を兼ねて天白川近くにあるカフェ「レイドバック」でモーニングに。アンティークマーケットも開催されていたり、気に入っているカフェのひとつ。ゆっくりと朝食をいただいてしばらくしたら帰路へ。

時計

10:00

お花のワークショップへ

epanouir(エパヌウィール)
epanouir(エパヌウィール)

妻は近所の花屋さん「epanouir(エパヌウィール)」のアトリエで開催しているワークショップへ参加。上質なフラワーショップで自宅に飾る花もよくここで購入している。花好きの妻はとても喜んでいるよう。

時計

12:00

妻と待ち合わせて昼食に

富士栄
富士栄

お気に入りの「富士栄」で昼食に。創業40年の老舗の味を身近に堪能できる。隣駅の「塩釜口」駅にある和食処「稲繁本店」もお気に入り。

時計

13:30

天白公園を散策

天白公園
天白公園

今日は天気がいいので、植田エリアを代表する「天白公園」まで足を延ばすことに。池や山があり、自然の中でとても気持ちいい。バーベキュー場もあるので、友人たちと利用することもある。

時計

15:00

フィールRISE 植田店」で買い物

フィールRISE 植田店
フィールRISE 植田店

帰りがけに「フィールRISE 植田店」で夕食の買い物。近隣には「コノミヤ べりーぐっど店」や「アオキスーパー 植田店」などもあり、買い物も選択肢にも困らない。

時計

18:00

自宅に戻って夕食に

image photo
image photo

今日はたくさん歩いた。ほどよい疲労感も心地よく自宅で一休みしたら妻と一緒に夕食の準備にとりかかる。

<一言>

都市部へのアクセスが便利なおかげで、孫を連れて子どもたちが訪れてくれることも増えました。一方で、植田エリアには自然も多く、穏やかな住環境が広がっています。買い物施設や趣味を楽しめるような場所も身近に揃っていて充実した毎日が送れています。なにより夫婦の共通の趣味である「散歩」が出来る緑道や公園がある点がとても気に入っています。