エリアコラム

上質な暮らしをかなえる、歴史情緒漂う名古屋市有数の邸宅街「八事エリア」

八事山 興正寺」の門前町として栄え、アカデミックな環境の邸宅街へ

名古屋市東部に位置する天白区は里山も残り、自然を身近に感じられる住宅地として注目されている。天白区の西に位置する八事エリアも丘陵地の緑豊かな邸宅街で、古くから人気の街だ。

多くの大学が集まる山手グリーンロード沿いの街並み
多くの大学が集まる山手グリーンロード沿いの街並み

安定した地盤として知られる東部丘陵地・山手の高台に位置している八事エリアは、「名古屋」駅からも10km圏内にあり、名古屋市営地下鉄鶴舞線や名古屋市営地下鉄名城線で名古屋市中心部にダイレクトアクセスできる。「八事」駅から「本山」駅までの山手グリーンロード一帯は、多くの大学キャンパスが集まる文教エリアで「山手キャンパスタウン」や「大学の丘」とも呼ばれている。

八事という地名は高野山真言宗別格本山の「八事山 興正寺」に由来している。「八事山 興正寺」は17世紀に創建されたのち、尾張徳川家の祈願寺として崇拝を受け、尾張高野とも呼ばれていたという。門前には多くの店が集まるようになり、八事エリアは門前町として発展を遂げた。現在も境内には国の重要文化財にも指定されている「興正寺 五重塔」など歴史を感じられる建物が残っている。

名古屋市中心部にダイレクトアクセス

名古屋市営地下鉄鶴舞線と名古屋市営地下鉄名城線の「八事」駅
名古屋市営地下鉄鶴舞線と名古屋市営地下鉄名城線の「八事」駅

八事エリアの最寄りとなる「八事」駅では、名古屋市営地下鉄鶴舞線と名古屋市営地下鉄名城線が乗り入れる。名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗れば「鶴舞」駅、「伏見」駅、「丸の内」駅など名古屋市中心部へダイレクトアクセス。「伏見」駅で名古屋市営地下鉄東山線に乗り換えれば、「名古屋」駅にもスムーズにアクセスできる。名古屋市営地下鉄鶴舞線には名鉄豊田線への直通電車もあり、「豊田市」駅などにもダイレクトアクセス可能だ。

名古屋市営地下鉄名城線は名古屋市内を環状に結ぶ路線で、「栄」駅や「久屋大通」駅など名古屋市中心部のほか、JR東海道線や名鉄名古屋本線などに接続する「金山」駅、JR中央線などに接続する「大曽根」駅などにもダイレクトアクセスできる。「金山」駅や「名古屋」駅を利用すれば、「中部国際空港(セントレア)」方面へのアクセスもよく、各地へ自在にアクセスできる。

教育の選択肢も多彩な文教エリア

「名城大学八事キャンパス」など大学キャンパスが広がる
「名城大学八事キャンパス」など大学キャンパスが広がる

中京大学 名古屋キャンパス」、「名城大学 八事キャンパス」は「八事」駅を最寄りとしているほか、名古屋市営地下鉄名城線で1駅目の「八事日赤」駅近くには「南山大学 名古屋キャンパス」が、2駅目の「名古屋大学」駅前には「名古屋大学 東山キャンパス」が広がるなど八事エリアは愛知県有数の文教エリアで、アカデミックな雰囲気が漂う。

八事エリア周辺には「南山大学附属小学校」、「南山中学校・高等学校」、「中京大学附属中京高等学校」など人気の教育施設も多く、教育の選択肢にも恵まれていることも文教エリアならではの魅力だ。

暮らしを彩るハイセンスなショッピング施設

八事エリア周辺には上質なライフスタイルを実現できるショッピングスポットも多い。スーパーマーケット「八事フランテ」はこだわりの食材の扱いが多いことで定評がある。「八事フランテ」内の「KITCHEN STUDIO Frantable フランテーブル」では「楽しい、美味しい、心地よい食卓づくり」を提案しており、調理本コーナーを設けたり、旬の情報を提供したりするなど食の情報発信も行っている。

日常の買い物に便利な「イオン八事 ショッピングセンター」
日常の買い物に便利な「イオン八事 ショッピングセンター」

「八事」駅近くにはスーパーマーケット「イオン八事店」のほか約75店舗の専門店が入る「イオン八事 ショッピングセンター」もあり、多彩な買い物を楽しめるだろう。

総合病院から各科クリニック、近隣に医療機関が充実

八事エリア周辺には、内科・循環器科・呼吸器科の「掛川クリニック」、内科・小児科の「杉浦医院」、小児科・アレルギー科の「ひばりがおか こどもとアレルギーのクリニック」などかかりつけに便利な各科のクリニックがそろう。

急性期医療の拠点「日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院」
急性期医療の拠点「日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院」

そのほかにも、名古屋市東部の高度医療・救急医療など急性期医療の中心を担う「日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第二病院」、急性期から回復期に加え周産期、ホスピスまで多機能を持つ「聖霊病院」と大規模病院が近いのも安心だ。

歴史情緒を感じられる文化と自然環境を身近に暮らす

現在も参拝客でにぎわう「八事山 興正寺」
現在も参拝客でにぎわう「八事山 興正寺」

八事エリアには歴史や自然を感じられるスポットも多い。長い歴史を持つ「八事山 興正寺」では、毎月5日、13日に縁日が開かれるほか、初詣や節分の日には多くの人でにぎわう。また、「八事山 興正寺」の周辺は「興正寺公園」として整備されており、気軽に四季折々の自然を感じられる。

八事山 興正寺」の西側には、江戸時代に灌漑用のため池として整備された隼人池周辺を含む「隼人池公園」があり、水辺の散策も心地よい。少し足を延ばせば、「東山動植物公園」、「昭和美術館」、「名古屋市博物館」など休日を満喫できるスポットもある。

歴史ある名料亭「八勝館」
歴史ある名料亭「八勝館」

ほかにも、国の重要文化財に指定され、現在は4,000坪の庭園を有する「八勝館」は、明治期に建てられた豪商の別荘から始まっている。その後、名古屋の財界人らが資金を出し「八勝倶楽部」を設立し、別荘を買収。1925(大正14)年から料理旅館としての営業を開始しており、美食家として有名だった北大路魯山人ゆかりの料亭としても知られ、館内には魯山人の作品が残されている。

名古屋市中心部にアクセスしやすく、歴史の品格と豊かな自然を感じられる八事エリアでは、落ち着きある快適な暮らしを楽しめそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ